インフルエンザ予防接種開始します

今年もインフルエンザ予防接種の時期になりました。
廿日市市では、廿日市市に住民票がある方で、①65歳以上の方、②60~64歳で、心臓・腎臓・呼吸器に重い障がいのある人、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障がいのある人、に対しては、令和3年10月15日(金)~令和4年1月31日(月)の期間に自己負担額¥1,500でインフルエンザワクチンを接種する補助があります。
市からの補助が得られない方には、当院では1回目¥4,000、2回目¥3,000で接種させていただきます。
なお、今年は小児・妊婦さんに対する市からの補助はありません。
新型コロナウィルス感染拡大が鎮静化してきている現在でも、高熱で一般の医療機関に直接受診しようとしてもコロナ感染を除外するため色んな検査を受ける必要が生じる可能性があります。
インフルエンザの予防接種を受けておけば絶対にインフルエンザに罹患しないとは言えませんが、インフルエンザで高熱を生じる可能性は低くなると思われますので、今年もインフルエンザの予防接種をされることをお勧めいたします。
今年はインフルエンザワクチンが品薄となっておりますので、早めに接種された方が良いと思います。
ご不明な点は受付でお問い合わせください。